来春センバツ タイブレーク導入は年明け正式発表  

[ 2017年11月25日 05:30 ]

 日本高野連は24日、大阪市内で理事会を開き、来春の第90回センバツ大会から導入するタイブレーク(延長13回から)の実施方法について話し合ったが、正式発表は来年1月10日までずれ込むことになった。準決勝まで引き分け再試合を廃止することに変更はない。日本高野連では10月に各都道府県連盟にタイブレークに関するアンケートを実施。当初は年内に実施方法などの詳細が決まる予定だったが、アンケート結果などに配慮するため年明けの発表となった。

 また、来夏に100回を迎える選手権大会のメッセージが決定。「ありがとう 夏100回 これからも」に決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月25日のニュース