阪神・岩田、今季3勝で30万円寄付「みんなの思いをプレーで」

[ 2017年11月25日 11:06 ]

阪神・岩田
Photo By スポニチ

 阪神・岩田稔投手(34)が25日、甲子園球場で日本IDDMネットワークによる「1型糖尿病研究基金」に30万円を寄付した。

 自身も同じ病で09年から1勝につき10万円を寄付している。昨季の0勝から、今季は後半戦に3勝をマークして巻き返したものの「昨年、今年と(寄付額が)少ないと思う」と数字には納得せず。「来年13年目なんで、まだチームの戦力としては、いけるでという評価を得てない。この時期にしっかり練習して、首脳陣に使えると思わせる努力をしたい。みんな(1型糖尿病患者)の思いをプレーで返したい」と決意を新たにした。

 岩田は、勝利数での寄付金の他に、自伝書やグッズの売上金の一部も寄付しており、これまで合計472万円を同基金に寄付している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月25日のニュース