清宮「21」の印象は「ブラックジャックの一番強い番号」

[ 2017年11月25日 05:30 ]

報道陣の質問に答える清宮
Photo By スポニチ

 【清宮に聞く】

 ――日本ハムのユニホームを初めて着て。

 「ずっとテレビで見ていて憧れを持っていた。ユニホームを着たからには、子供たちにたくさんの夢を与えられるようなプレーヤーになりたい」

 ――北海道の印象は。

 「ちょうど雪が舞っていた。ホテルから見て町全体が白くなっていて奇麗で、東京にはない魅力がたくさんあると感じた」

 ――セールスポイントは。

 「やはりバッティングだけど、明るいプレースタイルだったり、野球を楽しんでいる姿を見ていただきたい」

 ――初打席のイメージは。

 「自分はあまり緊張したり、物おじしたりとかしないタイプだと思っている。堂々と打席に立っているんじゃないかな」

 ――背番号は21。

 「(トランプゲームの)ブラックジャックの一番強い番号。2と1を足したら(早実で背負い、ベーブ・ルースや長嶋茂雄も背負った)3になったり、自分に合っている」

 ――日本ハムはこれまでダルビッシュや大谷にポスティングシステムでのメジャー挑戦を容認してきた。

 「夢は大切にしないといけない。ファイターズはみんなの夢を大切にしてくださる球団。そこだけはぶれずに突っ走っていければと思う」 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月25日のニュース