日本ハム 16日から「しっぽの会」と共同企画 コラボグッズも

[ 2017年9月13日 12:14 ]

コラボトートバックを手にするレアード
Photo By 提供写真

 日本ハムは、16〜18日のオリックスとの3連戦(札幌D)で道内の自治体から行政処分される犬猫を引き取り、新しい飼い主を探して譲渡を行う認定NPO法人「HOKKAIDOしっぽの会」との共同企画を行う。

 共同企画では「しっぽの会」の活動紹介パネル展や、コラボグッズの販売を実施。16日には日本一終電が早い駅として知られるJR札沼線の新十津川駅の駅長犬・ララちゃんも来場する。

 レアード内野手(30)は「私も犬を飼っています。たくさんの犬猫が殺処分されるのは、とても悲しいことです。飼い始めたら愛情をもって最後まで飼い続けてほしいです。罪のない動物たちの命を救えるように、活動に協力していきます」とコメントした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年9月13日のニュース