“最強の9番”DeNA倉本 自己新44打点「思い切って」

[ 2017年9月13日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―1巨人 ( 2017年9月12日    マツダ )

<広・D>2回1死満塁、倉本は右翼線に2点二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 リーグ最強の9番、DeNA・倉本が2回に2点打を放ち主導権を握った。

 無死満塁で嶺井が押し出し死球を受けて先制。なお1死満塁から、一塁手のグラブをはじく当たりで2者を還した。「いい流れで回ってきたので思い切っていった。チャンスを自分から手放さないという気持ちでいます」。9番固定ながら規定打席を守り、自己最多を更新する44打点と打線の底で存在感を示す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月13日のニュース