広島 3選手がトークショー 新井「夢のような最高の1年」

[ 2016年12月18日 20:04 ]

トークショーを行った(左から)広島の新井、菊池、鈴木
Photo By スポニチ

 広島の25年ぶりリーグ優勝に大きく貢献した新井貴浩内野手(39)、菊池涼介内野手(26)、鈴木誠也外野手(22)が18日、広島市内の「ANAクラウンプラザホテル広島」でトークショーを行った。

 今季を振り返り、シーズンMVPに輝いた新井は「夢のような最高の1年だった。(通算)2000安打も300号も(達成した試合を)勝ちゲームにしてくれて素直にうれしかった。負けていたら全然喜べなかったので」。チームメートに感謝の声を上げた。

 最多安打のタイトルを獲得した菊池は「前年度が悪くてプレッシャーがある中で、新しいスタイルを求められ苦しいシーズンだった」。走者を一塁に置いた場面で、犠打ではなく打つ選択を主に求められた中で結果を残したことに達成感をにじませた。

 打率・335、29本塁打、95打点の成績を残した鈴木は「どんどん成長したいと思って1年やって、自分が思っていた以上の成績を出せてうれしかった」と笑顔を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月18日のニュース