チャプマン カブス監督批判「投げる必要のない時も使われた」

[ 2016年12月18日 05:30 ]

 総額8600万ドル(約101億4800万円)の5年契約でヤンキースに復帰したチャプマンが、今季途中から在籍したカブスのジョー・マドン監督の起用法に対して不満を口にした。

 カ軍の108年ぶりの世界一に貢献した守護神は、電話による復帰会見で「個人的には納得していなかった。投げる必要のない時も使われた」と告白。ワールドシリーズ第5戦で2回2/3を投げ、同第6戦では7−2の場面で登板していた。一方で「監督には戦略があることも分かっている。起用法について自分から意見は言わなかった」とも話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年12月18日のニュース