連勝の緒方監督 起用ズバリも選手、コーチのおかげ「打撃コーチがぜひと」

[ 2016年10月23日 22:15 ]

SMBC日本シリーズ2016第2戦 ( 2016年10月23日    マツダ )

<広・日>6回2死、エルドレッド(手前)のソロ本塁打にバンザイして喜ぶ緒方監督(左)
Photo By スポニチ

 2連勝を飾った広島の緒方孝市監督(47)が、ナインとコーチを褒めちぎった。

 「きのう、きょうとカープの野球ができた。素晴らしいゲームでした!」とまずは興奮気味に振り返った。

 この日も選手起用がさえわたった。「7番・三塁」でスタメン出場した小窪が2回に先制の右中間適時二塁打。前日の第1戦は出番がなかったものの、期待に応えた。ただ、指揮官は「打撃コーチがぜひ、打撃好調の小窪を使ってくれと。期待に応えてくれた」と小窪とコーチ陣を持ち上げた。

 さらに第1戦に続き、日本ハム相手に1失点の投手陣を「祐輔(野村)と救援陣がしっかり投げてくれて。そして何よりその投球を引き出した石原のリード。素晴らしいバッテリーでした」と、今度は37歳ベテラン石原のリードを中心に投手陣を持ち上げた。

 チームのムードはいい。「一戦一戦、カープの野球をやるだけ」。指揮官を先頭に敵地・札幌へ乗り込む。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月23日のニュース