中田 ブレーキ3三振 内角カットに苦しむ「手も足も出なかった」

[ 2016年10月23日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2016第1戦 ( 2016年10月22日    マツダ )

<広・日>3回1死一、二塁、中田は投ゴロ併殺に倒れる。投手ジョンソン
Photo By スポニチ

 負けは認めても、下を向くことはなかった。3三振、1併殺打の日本ハム・中田は「打てる球がなかったし、個人的に手も足も出なかった。また切り替えてやるしかない」と目をギラつかせた。

 ジョンソンの得意球でもある右打者の内角に食い込むカットボールに苦しんだ。初回1死一、三塁の先制機では内角を攻められ、最後は緩いカーブにタイミングが合わずに空振り三振。3回1死一、二塁でも内を意識させられた後の外角直球で投ゴロ併殺打に倒れた。

 地元・広島での大舞台。今シリーズ前には「家族や親戚もいるので頑張る」と闘志を燃やしていた。初戦は4打数無安打に終わったが、レギュラーシーズンは110打点で自身2度目の打点王に輝き、ソフトバンクとのCSファイナルS(12~16日、札幌ドーム)でもMVPを獲得。打撃の状態は決して悪くはない。

 西川、中島の1、2番や3番に抜てきした岡も結果を出した。得点力の鍵を握る4番の中田は「明日も試合がある。やるしかない」と意気込み、栗山監督も「シリーズはつながっていくもの。明日につなげていけばいい」と前を向いた。パの代表として頂点を目指す戦いは始まったばかりだ。 (山田 忠範)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月23日のニュース