【野村謙二郎の大分析 対大谷】打席ではシンプルに「低め速球を打て」

[ 2016年10月23日 08:15 ]

SMBC日本シリーズ2016第1戦 ( 2016年10月22日    マツダ )

<広・日>4回無死、松山は大谷から右越えにソロを放つ
Photo By スポニチ

 大谷攻略に向けた広島の指示は「低め速球を打て」といったシンプルなものだったはずだ。

 低め速球に目付けをすれば、低めの変化球は打てない。だが「低め変化球まで見極めろ」といった難しい指示は出していないだろう。ましてや相手は剛球投手の難敵である。本塁打した松山、エルドレッドはともに、この低め速球を仕留めた。2人は相手投手に応じて起用される打者で、期待に応えてみせた。松山は速球派投手に強く、シーズンでもメッセンジャー、藤浪(ともに阪神)らを打ち込んでいた。この長所が「対大谷」にも発揮された。

 それでも大谷には結果的に6回で11三振を喫した。決め球は速球3、変化球8。先に書いた低め速球狙いの結果だろう。また、対大谷の打球はジョンソンの遊ゴロを除いて全て飛球だった。何か因果関係があったのかどうか。

 大谷は直球にスピードはなく、予想以上に変化球が多いように感じた。自身のミスで先制点を献上し、力みを呼んだのかもしれない。慣れない屋外球場、冷たい雨で気温も下がっていた影響もあったのだろうか。

 ≪セ速球派カモに≫松山(広)は今季、メッセンジャー(神)に8打数5安打、打率・625で2本塁打、井納(D)に16打数6安打・375で2本塁打と速球派投手を得意とした。今季は・238に抑え込まれた藤浪(神)も、昨季は12打数7安打・583と打ち込んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月23日のニュース