立大V消滅…西武ドラ6田村好救援も「結果を受け入れるしか…」

[ 2016年10月23日 05:30 ]

東京六大学野球第7週第1日 ( 2016年10月22日    神宮 )

<立大・明大>7回から登板し、2回を無失点の立大・田村
Photo By スポニチ

 立大は終盤の追い上げも及ばす、優勝の可能性が消滅した。

 西武からドラフト6位指名された田村が7回から登板し、2回無失点。バットでも2点を追う9回2死三塁で柳から右中間適時三塁打を放ち、1点差まで詰め寄ったが「結果を受け入れるしかない」と敗戦に唇をかんだ。今季は抑えで起用されていたオリックス8位指名の沢田圭が初先発したが、3失点。沢田圭は「力負け。(自分にも)納得できない」と悔しがり、田村は「まだ勝ち点のチャンスはある」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月23日のニュース