法大 東大に大勝!金子凌 指名漏れに発奮3安打3打点

[ 2016年10月23日 05:30 ]

東京六大学野球第7週第1日 ( 2016年10月22日    神宮 )

<東大・法大>7回無死三塁、法大・金子凌が中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 法大は投打がかみ合って大勝した。投げては2年生右腕・菅野がリーグ戦初完封。打っては20日のドラフト会議で指名がなかった4番・金子凌が3安打3打点と爆発した。

 「(安打は)いいところに落ちてくれただけで、自分の中ではまだまだ」と振り返ったが、指名漏れの悔しさをバットで晴らした。卒業後は、社会人でプレーする方向で「(2年後のプロ入りへ)強い思いはあります」とレベルアップを誓った。

 ▼東大・浜田一志監督 チャンスで三振、三振では…。これが法大さんとの差。勝負弱さが出た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月23日のニュース