楽天 故障続きで捕手不足 30歳ブルペン捕手・横山が現役復帰

[ 2015年6月19日 15:28 ]

<イースタン 楽・ヤ>試合後、投手ミーティングに参加する横山徹也ブルペン捕手

 楽天は19日、横山徹也2軍ブルペン捕手(30)と育成選手契約を結んだと発表した。背番号は125。

 楽天は正捕手・嶋が左第7肋骨骨折、伊志嶺は右太腿の肉離れで離脱し、残る捕手は小山桂、小関、下妻の3人。大久保監督は1軍の捕手を3人体制とする方針のため、2軍でプレーできる捕手は育成のセゴビアのみとなり、万が一に備えて横山を育成選手として登録することになった。

 京都府生まれの横山は、福知山成美高から02年ドラフト6巡目で近鉄に入団し、04年オフの分配ドラフトでオリックスへ。13年シーズン限りで戦力外となり、昨季は独立リーグ・四国アイランドリーグplusの愛媛でプレーした。

 安部井チーム統括本部長は「横山にとってはチャンス。捕手は6人しかいないので、2月1日のキャンプインから“何かあったときは頼む”と話していた」とコメントした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年6月19日のニュース