ヤクルト館山が389日ぶり実戦復帰へ 2軍戦で2イニング予定

[ 2015年4月28日 05:30 ]

ヤクルト・館山

 ヤクルト・館山昌平投手(34)が、29日のイースタン・リーグ、ロッテ戦(ロッテ浦和)で389日ぶりに実戦復帰する。先発で2イニングを投げる予定。昨年4月5日の同リーグ、巨人戦(戸田)で1球で緊急降板し、その後に2年連続、自身3度目となる右肘じん帯の再建手術を受けていた。

 08年から5年連続で2桁勝利を挙げた右腕エースは「球宴前くらいには(1軍で)いけると思う。優勝を目指していくチームのピースになりたい」と話しているという。

 首位を走るヤクルトは目下チーム防御率が12球団トップの1・74。ただ、真中監督は「先発陣が調子が落ちる時期が来る。そういうときに館山がいてくれると助かる」と話す。完全復活に向けた“第一歩”となる29日のマウンドに注目が集まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月28日のニュース