阪神「二枚の岩」岩田&岩本が今季初勝利へ快投誓う!

[ 2015年4月28日 07:50 ]

 白星に飢える阪神「二枚の岩」がともに快投を誓った。まずは29日のヤクルト戦(甲子園)に先発予定の岩田が、自身の今季初勝利へ意気込んだ。

 「そろそろ勝ちが付いてほしい。1つ勝てば、絶対に変わってくると思う。流れがね」

 ここまで4試合に先発し0勝1敗、防御率3.71。21日DeNA戦では、6回まで完全投球を展開したが、7回に崩れ6回1/3を2失点。8回に福原が同点ソロアーチを浴びたため、勝利投手の権利も消滅した。「相手はどこでも一緒。しっかり投げていきたい」。気がつけば、最後に白星を手にしたのが昨年8月20日中日戦だけに、何が何でも勝利がほしい。

 また、30日ヤクルト戦(同)に先発予定の岩本は、甲子園での初勝利を目指す。今季は3試合に先発し1勝1敗、防御率3.06。1日のヤクルト戦(神宮)では、7回1失点で916日ぶりのプロ3勝目を挙げた。ただ、本拠地では過去2度の先発を含む4試合登板も未勝利。聖地1勝へ強いこだわりを見せる。

 「(チームが)甲子園で勝っていないので、勝ちに貢献したい。(自分も甲子園で)勝っていないので勝ちたい」

 15日中日戦では6回途中1失点。登板機会がなく16日に出場選手登録を抹消されたが「ファームでも中6日で投げていたので空いた感覚はない」と準備は整っている。

 両投手はこの日、全体練習に参加しキャッチボールなどで汗を流した。互いに“初勝利”をつかみ、チームの5割復帰を後押しする。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月28日のニュース