球児 3Aで好投 直球、変化球ともに手応え

[ 2015年4月28日 14:08 ]

 右脚付け根付近の張りで故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ、レンジャーズの藤川球児投手が27日、傘下マイナー3Aラウンドロックの一員として敵地でのメンフィス戦に救援登板し、1回を無安打無失点、1三振1四球だった。

 DL入り後6度目のマイナー戦登板で、8―3の七回に3番手でマウンドに上がった。1番打者を外角低めで見逃し三振に仕留めるなど直球に伸びがあり、最速151キロをマーク。スプリット、カットボールも制球されていた。好投を見せた藤川は「腕も振れたし、すごく手応えがある。日に日に良くなっている」と納得の顔で話した。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年4月28日のニュース