ソフトバンク王球団会長 次期監督問題で報道陣に異例の要請

[ 2014年10月17日 14:45 ]

 ソフトバンク・秋山幸二監督(52)の今季限りでの電撃辞任を受けて、次期監督に球団OBの工藤公康氏(51、野球評論家)の就任が決定的となったことを受け、王貞治球団会長(74)は報道陣に異例の要請を行った。

 「来季へ向けて動いていることは確かです。ただ、CSが終了するなり、公式の試合が終わるまで正式な形で伝えることはありません。本来の野球をやるために、選手たちに精神的な動揺を与えないようにしたい」と新監督就任の発表は早くても、CS終了後と改めて明言。これ以上の報道が過熱しないよう、釘を刺していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月17日のニュース