ナ・リーグ優勝はジャイアンツ ロイヤルズとWカード同士で決戦

[ 2014年10月17日 12:18 ]

<ジャイアンツ・カージナルス>サヨナラ本塁打を放ったジャイアンツのイシカワは両手を挙げ歓喜(AP)

 米大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は16日(日本時間17日)、サンフランシスコで第5戦が行われ、ジャイアンツ(ワイルドカード)がカージナルス(中地区優勝)を6―3で下し、4勝1敗で2年ぶり23回目のリーグ優勝を決めた。

 ジャイアンツは3―3の9回、1死一、二塁からイシカワの右越えサヨナラ3ランで劇的な勝利を収めた。

 21日(日本時間22日)に開幕するワールドシリーズでは、29年ぶりにア・リーグを制した青木の所属するロイヤルズ(ワイルドカード)と世界一をかけて争う。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月17日のニュース