楽天 連覇完全消滅 星野監督「もう見たくない」

[ 2014年9月29日 22:26 ]

パ・リーグ 楽天4―7オリックス

(9月29日 コボスタ)
 楽天の連続日本一の可能性が完全に消滅した。4位以下が確定し、クライマックスシリーズ進出が消えた。星野監督は「そんなものとっくに頭になかった。毎日毎日どう勝っていくしか考えてなかった」と淡々としていた。

 4―2の7回だった。先発の松井裕が先頭の竹原から連続四球を与えてピンチをつくり、1死後に降板。2番手の福山が代打坂口に同点打を許すと相手に流れが一気に傾いた。松井裕だけでなく、四球から崩れて失点する姿は今季のチームを象徴していた。指揮官は「1年間、四球、四球と言いすぎた。もう見たくない」と肩を落とした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月29日のニュース