青木、無安打も9回に粘り「出ることしか頭になかった」

[ 2014年9月15日 14:10 ]

レッドソックス戦の5回、遊直に倒れたロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ4―8レッドソックス

(9月14日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は9回2死一、二塁で「四球で出ることしか頭になかった」とファウルで粘るなどして歩き、一発が出れば同点という場面をつくった。だが、次打者の三振でチームは低迷するレッドソックスに今季1勝6敗となり、肩を落として引き揚げた。

 先制打など複数安打の前夜に続く「2番・指名打者(DH)」での出場だったが、一転して無安打に。「デーゲームのDHは(試合前の)練習量を増やした方がいい。若干、体が重かった」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年9月15日のニュース