DeNA 三上が球団新人新19セーブ目「他球団に比べたら…」

[ 2014年9月15日 05:30 ]

セ・リーグ DeNA3-0巨人

(9月14日 東京D)
 DeNAの守護神・三上が9回を無失点で締め、新人では球団新記録の19セーブ目をマーク。

 00年の木塚(現2軍投手コーチ)の記録を塗り替えたが「特別な意識はない。他球団に比べたら少ないと思う」と淡々と振り返った。上と横から投げて打者を幻惑するドラフト4位右腕は、今季56試合に登板し、防御率1・70と抜群の安定感を誇る。「野球は確率の問題。悪い結果が出たらビデオを見て客観視して合理的に解決策を見つける。毎日、結果が出るように自分の投球をするだけ」と自信を漂わせた。

 ▼DeNA・井納(リーグトップに並ぶ12勝目は逃すも7回6安打無失点の好投)野手が苦しい思いをしていたし、0点に抑えようと低めに集めることを意識した。勝ってよかったです。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年9月15日のニュース