京葉銀行 佐瀬“離れ業”一日2完封 昨年の決勝対決制した

[ 2014年9月15日 05:30 ]

<京葉銀行・スリーボンドファインケミカル>2試合続けて完封勝利の京葉銀行・佐瀬

スポニチ主催天皇賜杯第69回全日本軟式野球大会第2日 京葉銀行4―0スリーボンドファインケミカル

(9月14日 松山中央公園坊っちゃんスタジアムほか)
 8会場で2回戦16試合と3回戦8試合が行われた。前回優勝の京葉銀行(千葉)は、3回戦で昨年の決勝で対戦したスリーボンドファインケミカル(東京第1)に競り勝った。このほか佐藤薬品工業(奈良)などがベスト8に勝ち上がった。15日は準々決勝4試合が行われる。

 2連覇を狙う京葉銀行(千葉)が自慢の守備力を発揮して勝ち上がった。2回戦で大分銀行を下し、続く3回戦の相手は昨年、決勝で対戦したスリーボンドファインケミカル。4回と8回に得点を奪うと「受け身にならずチャレンジャー精神を持って投げた」と先発・佐瀬が味方の好守にも支えられ、一日2完封の離れ業を演じた。「素晴らしい球場でプレーできる貴重な経験。目の前の試合を全力で」と加藤秀行監督。王者に慢心はない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年9月15日のニュース