スラックス姿で指揮…ピート・ローズ氏 独立Lで監督

[ 2014年6月18日 05:30 ]

米独立リーグで1日限定監督を務めたピート・ローズ氏(AP)

 大リーグ歴代最多の4256安打を誇るピート・ローズ氏(73)が米独立リーグ、アトランティック・リーグのブリッジポートで1日限定の監督を務めた。

 上半身は大リーグの現役、監督時代と同じ14番のユニホームで下はスラックス姿。5回まで一塁ベースコーチにも立ち、チームはランカスター相手に2―0で勝った。野球賭博への関与で89年に大リーグ機構から永久追放処分を受けているローズ氏は「選手と一緒に過ごすのは楽しい。そのために来た。復権を訴えたかった訳ではない」と主張した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年6月18日のニュース