×

中田 甲子園でプロ初本塁打「やっぱり気持ちがいい」

[ 2014年6月18日 20:41 ]

<神・日>2回無死、中田は右越えソロ

交流戦 日本ハム―阪神

(6月18日 甲子園)
 日本ハムの中田が7年目で甲子園初本塁打を放った。

 2回に大阪桐蔭の先輩・岩田の139キロを右方向へ運ぶ先制の12号ソロ。高校通算本塁打で当時最多となる87本塁打をマークしたスラッガーは「甲子園で打つ本塁打はやっぱり気持ちがいい」と喜びをかみしめた。3点リードの8回には1死一、二塁から左前へ適時打を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 前日は大阪桐蔭の後輩・藤浪から2三振を喫するなど5打数無安打。栗山監督の「大事なところで打つという成長は感じている」との言葉を実証した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年6月18日のニュース