今永が無四球完投!駒大、勝ち点3で首位・亜大に並ぶ

[ 2013年5月4日 06:00 ]

東都大学野球第3週最終日 駒大2―1青学大

(5月3日 神宮)
 3回戦1試合が行われ、駒大が2―1で青学大に競り勝ち。2勝1敗で勝ち点を3とし首位の亜大に並んだ。先発の今永昇太投手(2年)は5安打に封じ完投で4勝目を挙げた。

 <駒大>中1日で登板した今永が無四球完投でリーグ単独トップの4勝目を挙げた。8回に安打と自身の悪送球などで1死二、三塁のピンチを背負ったが、「スイッチが入った」と後続2人を自信のある直球で中飛に仕留めた。昨年は春秋通じて白星がなかったが、今季3度目の完投で4戦4勝とした左腕は「完璧に抑えようと思わず冷静に投げられている」と胸を張り、西村亮監督は「一戦一戦成長している」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月4日のニュース