投手陣ボロボロ…5戦46失点 星野監督「話にならん」

[ 2013年5月4日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天1-13日本ハム

(5月3日 Kスタ宮城)
 楽天は投手陣が今季4度目の2桁13失点で大敗を喫し、今季最多タイの借金4。ここ5試合で46失点となり、星野監督は「ヨーイドン(初回)で4失点では話にならん」とあきれ顔だ。

 中田には3本塁打を許し、9回の最終打席(結果は空振り三振)では地元ファンからも大歓声が起こる屈辱の展開に「(中田の)膝を動かすとか、ひっくり返すとかせずに闘争心がない投球をするから踏み込まれる」と内角を突かないバッテリーをバッサリ。この日はメジャーから8年ぶりに日本球界に復帰した斎藤が1軍初昇格も、登板機会はなかった。

 ▼楽天・美馬(中田に2本塁打を許すなど5回9失点で2敗目)悪いコースでない球も持っていかれてしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月4日のニュース