PL学園で部内暴力 春季大阪大会を辞退

[ 2013年3月3日 18:22 ]

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度の優勝を誇るPL学園(大阪)が硬式野球部内の暴力で、春季大阪大会を辞退したことが3日、分かった。

 同校の河野有道監督や関係者によると、2月下旬に寮内で上級生が下級生に対し、暴力をふるった。下級生にけがはなかったという。同校は同28日に大阪府高野連に報告書を出し、辞退を連絡して受理された。今後、日本高野連で処分について審議される見通し。

 河野監督は「とんでもないことで、指導不足。日本高野連と日本学生野球協会審査室の判断に従う」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月3日のニュース