浦和学院が花咲徳栄に昨夏のリベンジ 佐藤1失点完投 

[ 2012年7月26日 06:00 ]

<浦和学院・花咲徳栄>1失点完投の浦和学院・佐藤

埼玉大会準々決勝 浦和学院2―1花咲徳栄

(7月25日 県営大宮)
 浦和学院のエース右腕・佐藤が、強気の攻めを貫いた。9回5安打1失点で完投。昨年の準決勝で敗れた花咲徳栄にリベンジを果たし「強い相手で今までと違う感じでした。でも仲間から声をかけられて、焦らずに投げられました」とホッとした表情で僅差の試合を振り返った。

 2回に3つの死球を与えても、腕を振り続けた。奪った三振はわずか1。内角球で詰まらせ、打たせて取るスタイルを徹底した。9回に1点を失い、チームは今夏5試合目、38イニング目の初失点を喫したが「中盤からテンポよく落ち着いていけました。持ち味の内角を強気に投げられました」と胸を張った。

 春夏連続甲子園へ、残るは2勝。森士(おさむ)監督は「大差の試合が多かったから、今回の試合から戦いながら成長してほしい」と頂点を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月26日のニュース