指揮官の怒りはT―岡田に…「100本打つなら許してやる」

[ 2011年4月29日 18:51 ]

パ・リーグ オリックス1―3楽天

(4月29日 Kスタ宮城)
 岡田監督の不満は、田中に3三振を喫した4番のT―岡田に向けられた。「まだ一人だけボール球を振っている。三つの三振はみんなボール。今まで野球やってきたんやろ」と厳しかった。

 8回に1点を返して、なお2死二塁の好機でも空振り三振に倒れた。指揮官は「(本塁打を)100本打つなら許してやるけどな」と怒りは収まらない様子。T―岡田は「1試合でも1打席でも早く信頼してもらえるようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年4月29日のニュース