ワリエワ、驚異のSP世界新90・45点で首位発進 フィギュア欧州選手権

[ 2022年1月14日 00:15 ]

フィギュアスケート欧州選手権第2日 ( 2022年1月13日    エストニア・タリン )

欧州選手権SPの演技をするワリエワ(ロイター)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、北京五輪金メダル最有力候補の15歳カミラ・ワリエワ(ロシア)が世界新記録の90・45点をたたき出し、首位発進した。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半)、3回転フリップ、後半のルッツ―トーループの連続3回転を成功。昨年11月のGPロシア杯でマークした自身の世界記録87・42点を更新し、公認記録として初の90点超えとなった。

 ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)が76・25点で2位。ロシアのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)は75・13点冒頭のトリプルアクセルで転倒し3位、アンナ・シェルバコワは後半の連続ジャンプの失敗が響き69・05点で4位だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月13日のニュース