錦戸親方も陽性 症状なし 夫人が既に感染、力士4人全員ら全休

[ 2022年1月11日 05:30 ]

錦戸親方
Photo By 共同

 日本相撲協会は10日、錦戸親方(元関脇・水戸泉)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。10日にPCR検査を受けて陽性が判明。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、症状はないという。錦戸部屋では、親方夫人の新型コロナ感染が9日に判明。錦戸親方や十両・水戸龍を含む力士4人全員らの初場所全休は決まっていた。親方以外の検査結果は陰性だったという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月11日のニュース