宇良 転落時に後頭部を強打、足元ふらつく 車いす乗り引き揚げ

[ 2022年1月11日 05:30 ]

大相撲初場所2日目 ( 2022年1月10日    両国国技館 )

人の手を借り土俵を降りる宇良(右から2人目)(撮影・久冨木 修)         
Photo By スポニチ

 正代に敗れた宇良は土俵下へ転落した際、激しく後頭部を打ちつけた。礼をする土俵上では足元がふらついた。藤島審判長(元大関・武双山)の指示で、呼び出しの介添えから車いすで花道を引き揚げ、結びの一番では控えの負け残りを免除された。アクシデントに館内は騒然。宇良はリモート取材に応じなかったが、打ち出し後は付け人と歩いて引き揚げた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月11日のニュース