スピードスケート 高木菜那らW杯第1戦欠場 海外遠征中に選手4人がコロナ陽性

[ 2021年11月11日 05:30 ]

高木菜那
Photo By スポニチ

 海外遠征中に選手4人が新型コロナウイルス検査に陽性反応を示したスピードスケートの日本代表で、女子の高木菜那(日本電産サンキョー)と山田梨央(直富商事)、男子の土屋陸(日本電産サンキョー)と土屋良輔(メモリード)が12~14日のワールドカップ(W杯)第1戦(ポーランド)にエントリーされていないことが10日、分かった。

 日本代表は10月28日からドイツで事前合宿。ポーランド入国前の検査で、7日までにスタッフ6人を合わせた計10人が陽性となった。日本スケート連盟は個人名を公表していない。ドイツ保健当局の指示で陽性者は7日間の隔離措置を取り、W杯第1戦欠場が決まっていた。第2戦(19~21日、ノルウェー)は出場できる可能性がある。12月までに欧州と北米で開催されるW杯4大会の成績により、来年2月の北京冬季五輪の国・地域の出場枠が決まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月11日のニュース