樋口 自己ベストで6位 後半のジャンプ課題「それが直ったら140点を余裕で超えられる」

[ 2021年11月1日 05:30 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第2戦スケートカナダ最終日 ( 2021年10月30日    カナダ・バンクーバー )

自己ベストをマークして6位だった樋口(AP)
Photo By AP

 樋口は国際舞台で初めてトリプルアクセル(3回転半)を決め、フリーで自己ベストをマークして6位に入った。後半のジャンプでミスがあり「それが直ったら140点を余裕で超えられる。良い課題が見つかった」と語った。

 「日本の選手で一番上が目標だったので凄い悔しい」としたが、アクセルについては「緊張した中でも大きなジャンプを跳べて自信につながった」と収穫も口にした。今後はSPでも投入予定で、初の五輪切符へ進化を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月1日のニュース