手嶋「目標通り」単独首位浮上、66の好スコアに納得 日本シニアOP第2日

[ 2021年9月18日 05:30 ]

手嶋多一
Photo By スポニチ

 ゴルフの日本シニアオープンは17日、山梨・シャトレーゼヴィンテージGC(6465ヤード、パー71)で第2ラウンドが行われ、8位から出た手嶋多一(52=ミズノ)が5バーディー、ボギーなしの66をマークし、通算8アンダーで単独首位に浮上した。68で回った飯島宏明(50=シンコークリエイティブ)が7アンダーで1打差の2位につけた。

 レギュラーツアー8勝を誇る手嶋が首位に浮上した。インから出て10番で3メートルのチャンスを生かしバーディー発進すると、13番と15番ではピンそばにつけてスコアを伸ばした。66の好スコアに「今日は目標通り」と満足そう。日本オープンと日本プロ選手権の優勝経験を持つ実力者は「ナショナルオープンなので頑張りたい」と意欲十分だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月18日のニュース