泉谷駿介 男子110M障害予選で大会新「流して13秒4台出た」

[ 2021年9月18日 10:07 ]

陸上 日本学生対校選手権第2日 ( 2021年9月18日    熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 )

組1着で準決勝進出を決めた泉谷                               
Photo By スポニチ

 男子110メートル障害予選は、東京五輪代表の泉谷駿介(順大)が1組で大会新記録となる13秒44(追い風0・1メートル)をマーク。全体1着で準決勝に進出した。

 前日(17日)は走り幅跳び3位、400メートルリレー予選のアンカーと大活躍した泉谷。「昨日の感覚からいうと、あまり調子よくないと思っていたが、流して13秒4台出たので五輪の時と変わっていないんだと思った」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月18日のニュース