ソフトボール日本代表・宇津木監督、福島県のサポートに感謝「選手村のお米よりもいい」

[ 2021年9月17日 05:30 ]

福島県の内堀雅雄知事(中央)を表敬訪問した侍ジャパン・稲葉篤紀監督(左から2人目)と、ソフトボール日本代表の宇津木麗華ヘッドコーチ(右から2人目)
Photo By スポニチ

 東京五輪でともに金メダルを獲得したソフトボールの宇津木麗華監督(58)と、侍ジャパンの稲葉篤紀監督(49)が16日、初戦の舞台だった福島県営あづま球場で、内堀雅雄県知事を表敬訪問した。

 宇津木監督は福島県への感謝を口にした。「特にお米がおいしかった。選手村のお米よりもいいとみんな話していた」と県からのサポートに頭を下げた。日本リーグは11月6、7日の決勝トーナメント全5試合をあづま球場で予定している。「最高の球場。これからも決勝は全てここからスタートできれば」と日本の頂点を決める聖地へ同球場を押し上げていく構想も口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月17日のニュース