ラグビー日本代表が世界5位のオーストラリアと対戦決定 W杯以来2年ぶりの国内テストマッチ

[ 2021年9月17日 10:20 ]

ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフHC
Photo By スポニチ

 日本ラグビー協会は17日、10月23日に大分・昭和電工ドームで日本代表がオーストラリア代表と対戦すると発表した。世界ランキングは日本の10位に対し、オーストラリアは5位。両国の対戦は17年11月以来で、この時は日本が30―63で敗戦。通算成績は日本の0勝5敗となっている。

 新型コロナウイルスの影響で昨年は全ての活動が休止となった日本代表にとって、日本国内でのテストマッチは、19年W杯以来、丸2年ぶりとなる。発表を受けて日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、日本協会を通じて「素晴らしいニュース。日本が最後にテストマッチをホームでプレーしたW杯準々決勝の日から約2年が経過した今、チームとしてこの試合の重要性を強く認識している」などとコメント。先週にはW杯王者の南アフリカ代表を下したオーストラリア代表のデーブ・レニーHCも「日本と対戦することをとても楽しみにしている。この試合は重要な意味を持っている」とコメントした。

 試合は日本代表トップパートナーの大正製薬が協賛し、「リポビタンDチャレンジカップ2021」として開催される。日本代表は11月6日にアイルランド、同13日にポルトガル、同20日にスコットランドとの対戦も決まっており、この秋は充実のテストマッチ4連戦で23年W杯へ強化を図ることになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月17日のニュース