渋野残念、参加予定のドラコン中止

[ 2021年9月17日 21:10 ]

<住友生命レディース第1日>3番、渋野日向子のティーショットの行方を見つめる稲見萌寧(左)と古江彩佳(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの住友生命レディース東海クラシック(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)は17日、18日の第2ラウンド終了後に予定していた「2021朝日インテックpresentsドライビング女王コンテスト」(優勝賞金50万円)を中止すると発表した。

 この日本女子プロゴルフ協会唯一の公認ドラコン女王決定戦には渋野日向子(22=サントリー)、今季のドライビングディスタンス部門1位・原英莉花(22=日本通運)、同2位・勝みなみ(23=明治安田生命)らが出場を予定していた。

 大会では台風14号の影響による悪天候を考慮し、第2ラウンドのスタート時間を午前9時に変更。順調にラウンドを消化したとしても全組がホールアウトするのは午後5時20分過ぎになることから日没などを考慮し、ドライビング女王コンテストの実施を断念した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月17日のニュース