東京マラソン2021が事実上の中止…来年3月6日に延期で22年大会を断念

[ 2021年9月17日 17:40 ]

昨年の東京マラソン、2時間5分29秒の日本新記録(当時)でゴールする大迫
Photo By スポニチ

 東京マラソン財団は17日、都内で臨時理事会を開催し、10月17日に開催予定だった2021年大会を来年3月6日に延期することを発表した。事実上の中止となる。これに伴い、同日程で予定されていた22年大会の開催を断念した。

 21年大会については新型コロナウイルス感染拡大により、開催日を3月から10月に移行。その後も変異株などの感染拡大が1カ月前となっても収束せず、東京都の緊急事態宣言が9月30日まで延長となり、今回の臨時理事会で再び延期が決まった。

 来年3月にスライドされた21年大会はエリートとは別に、一般ランナー2万5000人を想定している。参加予定のランナーは出走か全額返金の二択。中止となった22年大会に参加を予定していたランナーについては、改めて出走の意向を確認するという。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月17日のニュース