車いすバド村上「世界一の男と」“親子”ダブルス銅 梶原と28歳差も連係に磨き

[ 2021年9月6日 05:30 ]

東京パラリンピック最終日・バドミントン ( 2021年9月5日    国立代々木競技場 )

銅メダルを獲得し日の丸を掲げる梶原(左)、村山組 (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 梶原とペアを組んだ男子ダブルスで銅メダルをつかんだ、梶原の父と同い年47歳の村山は「うれしさ半分、悔しさ半分。1週間ぐらいは余韻に浸りたい」と語った。28歳差ながら連係を磨き、表彰台にたどり着いた。

 シングルス金メダルの梶原について「世界一の男と組めた。疲れているのに出し切ってくれて感謝している」と笑顔で語った村山は「若手が引っ張ってくれて、負けちゃいられないと思う。刺激になる」とさらなる進化を期した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月6日のニュース