パラ女子マラソン道下美里 金メダルから一夜「正直、夢心地です」

[ 2021年9月6日 11:00 ]

<パラリンピック女子マラソン(T12)>表彰式で金メダルを手に笑顔の道下(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 5日に行われた東京パラリンピック女子マラソン(視覚障がいT12)で金メダルを獲得した道下美里(44=三井住友海上)が一夜明けた6日、都内で記者会見し「正直、夢心地です。みんなと準備してきた結果、メダル獲得できたことが何よりもうれしい」とあらためて喜びを語った。

 レース後の選手村ではそれまで我慢していた食事を解禁。「唐揚げを4つ食べました。あとはピザとパスタ。きょうの昼は寿司かな」と笑顔を見せた。

 5日のレースでは仲間からのメッセージが背中を押した。大会前には地元の小中学生などから7000通を超える応援メッセージが届いたが、読むことができない道下のために仲間が音声に起こして道下に伝えたという。「コロナで気持ちが萎えそうになったが、メッセージを毎日聞きながら思いを高めてきた。後押しが結果につながった大会だった」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月6日のニュース