松元 初心戻って「追いガツオ」鈴木コーチ、男子200自由形は「ラスト勝負」

[ 2021年7月22日 05:30 ]

オンラインで取材に応じる競泳男子の松元克央=21日午後
Photo By 共同

 五輪男子200メートル自由形で金メダルを狙う松元克央(24=セントラルスポーツ)は「初心に戻って“追いガツオ”でチャレンジャーとして臨みたい」と愛称のカツオに絡めて意気込んだ。

 4月の日本選手権で1分44秒65の日本記録を樹立したが、今季ベストタイムはスコット、ディーンの英国勢に次ぐ3位。メダル争いは混戦模様で、鈴木陽二コーチ(71)は「ラスト勝負になる。前半を楽に速く入れるか」とポイントを挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース