ソフトボール・豪州、日本に初めてコールド負け…悔やむ“初回1点だけ”

[ 2021年7月22日 05:30 ]

東京五輪 ソフトボール   日本8-1オーストラリア ( 2021年7月21日    福島県営あづま球場 )

<日本・オーストラリア>試合前の整列へ向かう上野(中央下)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 オーストラリアは、日本との五輪対戦は過去4勝4敗と互角だったが、初のコールド負けを喫した。初回は上野のボールを見極め、押し出しで先制したが、日本リーグで活躍した先発パーナビーが内藤に2ランを浴びるなど投手陣が踏ん張れなかった。

 6月1日に海外勢で最初に来日し、約1カ月半の合宿を敢行するなど準備してきたが力負け。ハロー監督は「初回にもう少し加点できていれば、日本にプレッシャーをかけられた」と悔やんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース