ソフトボール、ドタバタ開幕戦 電気系統トラブル、ピッチャーサークルなし…

[ 2021年7月22日 05:30 ]

東京五輪 ソフトボール   日本8-1オーストラリア ( 2021年7月21日    福島県営あづま球場 )

<日本・オーストラリア>福島県営あづま球場の外周に地元小学生のメッセージ入りアサガオが飾られる(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 開幕戦らしいバタバタした一幕があった。福島県営あづま球場の電気系統のトラブルで、1回表はスコアボードのカウント表示がつかなかった。前日までは問題なく作動していたという。ピッチャーサークルも最初はなく、試合中盤で白線が引かれた。

 無観客開催で臨場感を出すための工夫として、人の声を集めた音が試合中に球場内で流された。ただ、選手には意図が伝わらなかったようで、藤田は「ベンチで、何か音がするよね、とは話していた」と言った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース