バレー男子代表・西田 来季伊1部へ、オポジットでリーグ入りは日本人初

[ 2021年7月22日 05:30 ]

 バレーボール男子の東京五輪代表、西田有志(21=ジェイテクト)が21~22年シーズンはイタリア1部リーグのビーボバレンティアでプレーすることが21日までに分かった。リーグ公式サイトが来季の各チームのロースターを発表し、名を連ねた。攻撃専門のオポジット(セッター対角)で同リーグ入りするのは日本人で初めて。

 西田は1メートル86ながら、抜群の跳躍力と強力なサーブが武器。イタリア1部リーグではミラノに東京五輪代表の石川祐希が所属している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース