コロナ下で五輪開催にWHO沈黙は「責任逃れ」、英医学誌がリポート

[ 2021年6月13日 05:30 ]

 英医学誌ランセット(電子版)は12日付で、コロナ下で東京五輪が開催されることについて世界保健機関(WHO)などが沈黙するのは「責任逃れ」とするリポートを発表した。

 医学界で権威のある同誌は、五輪が新たな感染拡大を引き起こしかねないと指摘し、日本国内にも「悪影響を及ぼす可能性がある」との懸念を示した。さらに「WHOも開催の是非について言及を避けている。リスクと管理方法に関して幅広い調査と承認が必要。世界的な議論を行う必要がある」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月13日のニュース