錦織は2回戦敗退、ズベレフの強烈サーブとショットに完敗 マドリードOP

[ 2021年5月6日 05:30 ]

マドリード・オープン男子シングルス2回戦 ポイントを奪われ、さえない表情の錦織
Photo By 共同

 テニスのマドリード・オープンは5日、スペイン・マドリードで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング43位の錦織圭(日清食品)が同6位で第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3―6、2―6で敗れた。

 錦織は相手の強烈なサーブとショットに押され、第2セットは1ゲームもブレークできなかった。次戦はイタリア国際(9日開幕、ローマ)で、4大大会の全仏オープン(30日開幕、パリ)の前哨戦となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月6日のニュース