室内の鬼だ!青木益未が予選から60メートル障害で日本記録

[ 2021年3月17日 12:37 ]

陸上・日本室内選手権第1日 ( 2021年3月17日    大阪市・大阪城ホール )

<日本室内陸上>女子60メートル障害予選で8秒06の室内日本記録をマークした青木益未(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 女子60メートル障害の予選第1組で、青木益未(26=七十七銀行)が8秒06をマークし、昨年のこの大会で自身がマークした日本記録8秒11を、0秒05更新した。

 同組に木村文子、紫村仁美といった実力者がいたが、序盤から飛び出し、そのまま突き放した。昨年の日本選手権100メートル障害で、2年ぶり2度目の優勝を果たしたトップハードラーが、五輪イヤーで幸先いいスタートを切った。

 今大会は、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い、1カ月遅れで開幕した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月17日のニュース