東京五輪代表補欠の小原怜 目標は自己ベスト更新「代表補欠としての責任を果たしたい」

[ 2021年3月12日 17:23 ]

名古屋ウィメンズマラソンを前に、記者会見する小原怜 =名古屋市内のホテル(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 14日に行われる名古屋ウィメンズマラソン(バンテリンドームナゴヤ発着)の招待選手が12日、名古屋市内のホテルで記者会見し、東京五輪代表補欠の小原怜(30=天満屋)は「この大会では自己ベスト更新を目指す。五輪代表補欠としての責任を果たせるような、そういうレースをしたい」と目標を語った。

 五輪候補選手としての責任感で思うように走れない時期が長かったという。ただ、同じチームで五輪代表の前田穂南と一緒に練習することで大いに刺激を受けた。「責任感があるからこそ頑張れた部分もある。精いっぱい準備するのが自分の責任」と決意を胸に3年ぶり4度目の名古屋に向けて意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月12日のニュース